news
キャラクタータイプ別紹介&
 攻略ポイント解説


映像集

■ コラム&メッセージ
 └2006.1.13
  [ 制作チームメッセージ ]
 └2005.12.21
  [ 鳥山明直筆メッセージ ]


SPECIAL TOPへ




制作チームによるスペシャルメッセージ
[UP DATE 2006.1.13]

制作チームによるスペシャルメッセージの紹介だ!
第1回目として制作の皆さんからそれぞれコメントをいただいたぞ。
なお、これからはコラムと更新していく予定なので楽しみにしていてくれ!!


バンプレストプロデューサー:馬場 龍一郎

馬場さん 中高生の頃、少年ジャンプで一番好きな「ドラゴンボール」を毎週楽しみに読んで、鳥山先生ってスゲーなぁ〜、 会ってみたいなぁ〜って思ってました。

予備校、大学生の頃、勉強もしないで、ゲーセンでストIIを友達と遊びながら、これ作った人スゲーなぁ〜、 会ってみたいなぁ〜って思ってました。

それから10余年・・・
まさかこんなかたちで皆さんと仕事をするとは!!
人生って不思議なもんです。
スゴイ人たちとスゴイゲームを一緒に創りあげました。

今までのDBZのゲームや格闘ゲームとは違うので見た目は独特な動きだが触ってみると意外と簡単なので我ながらホントに自信を持っておもしろい!!!って言えるゲームです。

皆さんたくさん遊んで、強ぇくなってください!!


Crafts&Meisterエグゼクティブ・ディレクター:船水紀孝

馬場さん つい最近思い出したことだが、僕が20年前、前の会社に入社したばかりの頃。上司であるO氏が、当時の担当である 集英社の鳥嶋さんにゲーム化の交渉をしていたな‥‥。

その時は作ることは出来なかったけど、20年ぶりに実現することができた。当時から鳥山明さんの絵は 大好きだったので、作ることが出来て本当にうれしいです。

うれしいついでに、久しぶりにアリカの西谷亮と仕事が出来たのもうれしかった。あいかわらずキレる男だ。 今回のキラリと光るゲーム性は、ほとんど彼の仕事である。

やり込めるゲームを作れたと思うので、ぜひプレイしてみて下さい!



ARIKAディレクター:西谷 亮

馬場さん 久しぶりに格闘ゲームを作りました。
やっぱり新しいシステムを作るとなかなか難しいですね。

とにかく試行錯誤の連続でした。ホーミング攻撃のアイディア自体は当初からあったのですが、これの扱いが難しく、調整に かなり難航しました。でも、いろいろ調整したかいあって、このゲーム独特のダッシュ弱→ホーミング攻撃弱で打ち上げるという、面白い要素が出来、満足しています。

まあ、他の事でももっともっと、もっと調整したいことは山ほどあったのが心残りではあります。

ちょっと、遊び方がすぐにはわからないところもあるかもしれませんが、絶対に面白いゲームですので、皆さんプレイしてみてくださいね。
特にカードを買ってプレイしてみることをお勧めします。




▲ページTOPへ 
(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション  (C)BANPREST 2005