ホーム>>開発ブログ

ムービー

シアター

スペシャル

キャラクター

ゲーム紹介

NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2公式ページ:トップページへ

NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2 開発ブログ

最新情報を公開! 公式サイトへ
スペック
NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2 / 価格:各7329円(税込) / プレイ人数: / 1~2人 / ジャンル:忍道対戦アクション / プラットフォーム:PS3, Xbox 360

“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ参~

ナルティメットストーム2の開発ブログをご覧の皆様こんにちは!!
センコウシです!

前回の私の更新から結構なお時間が経っておりますが、別にサボってたわけではありませんよ!!

このコーナーを楽しみにお待ちくださっていた皆様こんにちは!
大変お待たせいたしました!!
今回は“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ参~をお届けさせていただきます!!

前回はバトルシステムの調整に関するお話をさせていただきましたので、
今回は“映像”に関するお話をさせていただきたいと思います。

ゲームデザイナーのお仕事からはドンドン遠ざかっていっているような…。
っとまぁ細かいことは抜きにして、早速始めちゃいましょう!!


~第三章:映像演出~
既にPVなどをご覧になられた方々から、
沢山のありがたいお褒めの言葉をいただいておりますが、
「ナルティメットストーム2」には沢山の映像演出がこれでもか!
ってくらいゲーム中に散りばめられています。

ただ原作の絵を再現するだけでなく、
ゲームらしい気持よさや爽快感を感じられる演出を考えたり、
一目見ただけでカッコイイ!って思ってもらえるような画面構成を考えたりと、
その内容は使用される映像の場面場面によって異なります。

例えば、インタラクティブアクション、いわゆるボタン入力の結果が
リアルタイムに画面に影響を与えるシーンの映像などでは、
押したボタンに対するリアクションが手応えとして感じられるように
攻撃の回数やテンポ、さらに見せ場の盛り上げ方に合わせて入力数などを調整してみたりと、
ひとつのシーンに対して何度も何度も調整を重ねているのです。

また、シナリオの構成だけでなく映像演出に関しても、
アニメシリーズの「NARUTO-ナルト- 疾風伝」を手がけられている、
伊達監督に絵コンテの段階からチェックを行っていただいております。

我々も、その熱いご指導に応えるべく必死に制作しておりますので、
アニメファンの方にもきっとご満足いただける映像表現になっていると思います!!

最初は紙に鉛筆で描かれた状態のものが、
ゲーム実機で表現されていく過程には何段階ものチェックが行われます。
キャラクターがアクションとカット割りだけの状態から、
エフェクトや表情、音声やBGM等、様々な要素がドンドン追加されていき、
そのたびに調整と修正を繰り返して、ようやく映像シーンが完成となるのです。


 


今回の「ナルティメットストーム2」では、本当に感動的な映像表現が沢山盛り込まれています。

当たり前ですが私は初期の段階から、
何度も何度も何度も何度も…制作過程のチェックで見ていますが、
それでも未だにグッと胸の奥から溢れ出しそうなものを
堪えられなくなってしまうシーンが沢山あります。

心躍るような軽快なアクションシーンも、
魂が震えるような素敵な演出の数々も、
沢山沢山盛り込まれておりますので、
是非とも手にとって楽しんでいただけたらと思います。

うわ…思い出すだけで涙が…グスン。
駄目だ…涙腺が緩んできたので、今回はここまで。


ぞででば!!
(それでは)

えびぞぶも、あぐぜるぢょうぜんがい!! びゃっぼーーー!!!!
(映像もアクセル超全開!! ひゃっほーー!!!)


スタッフ


RSS