ホーム>>開発ブログ

ムービー

シアター

スペシャル

キャラクター

ゲーム紹介

NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2公式ページ:トップページへ

NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2 開発ブログ

最新情報を公開! 公式サイトへ
スペック
NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム2 / 価格:各7329円(税込) / プレイ人数: / 1~2人 / ジャンル:忍道対戦アクション / プラットフォーム:PS3, Xbox 360

千光士ディレクター

“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ参~

ナルティメットストーム2の開発ブログをご覧の皆様こんにちは!!
センコウシです!

前回の私の更新から結構なお時間が経っておりますが、別にサボってたわけではありませんよ!!

このコーナーを楽しみにお待ちくださっていた皆様こんにちは!
大変お待たせいたしました!!
今回は“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ参~をお届けさせていただきます!!

前回はバトルシステムの調整に関するお話をさせていただきましたので、
今回は“映像”に関するお話をさせていただきたいと思います。

ゲームデザイナーのお仕事からはドンドン遠ざかっていっているような…。
っとまぁ細かいことは抜きにして、早速始めちゃいましょう!!


~第三章:映像演出~
既にPVなどをご覧になられた方々から、
沢山のありがたいお褒めの言葉をいただいておりますが、
「ナルティメットストーム2」には沢山の映像演出がこれでもか!
ってくらいゲーム中に散りばめられています。

ただ原作の絵を再現するだけでなく、
ゲームらしい気持よさや爽快感を感じられる演出を考えたり、
一目見ただけでカッコイイ!って思ってもらえるような画面構成を考えたりと、
その内容は使用される映像の場面場面によって異なります。

例えば、インタラクティブアクション、いわゆるボタン入力の結果が
リアルタイムに画面に影響を与えるシーンの映像などでは、
押したボタンに対するリアクションが手応えとして感じられるように
攻撃の回数やテンポ、さらに見せ場の盛り上げ方に合わせて入力数などを調整してみたりと、
ひとつのシーンに対して何度も何度も調整を重ねているのです。

また、シナリオの構成だけでなく映像演出に関しても、
アニメシリーズの「NARUTO-ナルト- 疾風伝」を手がけられている、
伊達監督に絵コンテの段階からチェックを行っていただいております。

我々も、その熱いご指導に応えるべく必死に制作しておりますので、
アニメファンの方にもきっとご満足いただける映像表現になっていると思います!!

最初は紙に鉛筆で描かれた状態のものが、
ゲーム実機で表現されていく過程には何段階ものチェックが行われます。
キャラクターがアクションとカット割りだけの状態から、
エフェクトや表情、音声やBGM等、様々な要素がドンドン追加されていき、
そのたびに調整と修正を繰り返して、ようやく映像シーンが完成となるのです。


 


今回の「ナルティメットストーム2」では、本当に感動的な映像表現が沢山盛り込まれています。

当たり前ですが私は初期の段階から、
何度も何度も何度も何度も…制作過程のチェックで見ていますが、
それでも未だにグッと胸の奥から溢れ出しそうなものを
堪えられなくなってしまうシーンが沢山あります。

心躍るような軽快なアクションシーンも、
魂が震えるような素敵な演出の数々も、
沢山沢山盛り込まれておりますので、
是非とも手にとって楽しんでいただけたらと思います。

うわ…思い出すだけで涙が…グスン。
駄目だ…涙腺が緩んできたので、今回はここまで。


ぞででば!!
(それでは)

えびぞぶも、あぐぜるぢょうぜんがい!! びゃっぼーーー!!!!
(映像もアクセル超全開!! ひゃっほーー!!!)

“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ弐~

ナルティメットストーム2を応援してくださっている皆様こんにちは!
サイバーコネクトツーのセンコウシです!


前回に引き続き、“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其の弐~をお届けさせていただきます!!

以前お話させていただいた回では、“企画”に関するお話をさせていただきましたので、
今回は企画から実制作に移行してからのお話をさせていただきたいと思います!
主にバトルに関するお話です。


~第二章:バトルシステム~
「ナルティメット」シリーズでは、企画の大枠が決定すると、
概ねバトル(対戦)部分から、実験を行うことが多いです。

シリーズものということで、前回入れられなかったこととか、
新しいシステムを入れてみてはどうかな?とかを考えながら、
対戦部分に関して、チームでアレコレ実験を行っている感じです。

まずは、「ナルティメット」シリーズに100%登場するキャラクターである、
主人公のうずまきナルト君を、今回はどんなキャラクターにするか?
どんなシステムが入っていると、原作の設定やかっこいいアクションシーンを表現できるか、
それを対戦のシステムとして、ゲームの中に落としこんでいく作業となります。

これまでのシリーズでいうと、“口寄せ”で巨大なキャラクターを呼べるキャラクターだったり、
九尾のチャクラや呪印などによる“状態変化”などを行うことができるキャラクターだったりと、
そういった設定が存在しないキャラクターとを、同じシステム上で対戦できるようにするために、
様々な部分で調整を行ない、全体のバランスを取ることが必要になってきます。

「ナルティメット」では原作のキャラクターの強さのイメージを、
可能な限り表現することを念頭に調整をするのですが、“暁”のキャラクターなどは、
原作のイメージ的にも凄く強いキャラクターなので、特に注意して調整を行わないと、
制作の最初のほうだと、とてつもない強さで仕上がってくることもしばしば…。

最終的にはどのキャラクターも“凄く強く感じる”、
“凄く強そうに見える”キャラクターへとバランスが整えられ、
キャラクターの性能差による相性なども考慮しながら、
どのキャラクターを使用しても楽しく遊べるように、調整を行っていきます。
 


ゲームだったら幼い頃のナルトで、師匠である自来也を倒すなんてことも。
※画像は「ナルティメットストーム」のものです。


やっぱり“好きなキャラクターが弱い”なんてことになると、凄く悲しい気持ちになってしまいますからね。

そんなこんなで制作開始から発売を迎えるまで、ずーっと細かい調整を行ない続けているので、
バトルで長いこと対戦ばかりおこなっているスタッフの中から、異常なまでの猛者が誕生していたりするんですね。

これまでもジャンプフェスタを始めとしたイベントのブースなどに作品出展がある場合は、
サイバーコネクトツーのスタッフも参加させていただいていたりしておりますので、
いつかの日か皆様と対戦できるチャンスが有るかもしれませんね!!
楽しみです!!


それでは!!
調整もアクセル超全開!! ひゃっほーーー!!!!

“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ壱~

ひゃっほーーー!!!

皆様お久しぶりでございます!!

サイバーコネクトツーのセンコウシです!


以前センコウシの回の開発ブログで発表させて頂きました通り、
“ゲーム開発のオシゴト”ゲームデザイナー編をお届けさせて頂きます!


まずはゲーム開発の全体の流れを知っていただくために、
“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ壱~を
「ナルティメット」シリーズでの基本的な制作の流れをご紹介させて頂きます。


~第一章:企画~

まず一番最初に行われるのが「企画書」の作成です。
この企画書の段階で、皆様も超気になっているであろう、
登場キャラクター数や、バトルステージの数など、
大まかなゲーム全体のボリュームが決定されていきます。

その際、物語の描き方(見せ方)をどのような形にするのか?
アクションゲーム風にするのか、RPG的な感じにするのか?なども、
この段階で大体の方向性が決定していきます。

「ナルティメットヒーロー3」ではRPG的な成長要素が強かったから、
「ナルティメットアクセル」ではもう少しアクション要素の強いゲームにしよう!
みたいなことがこの段階で決められていくわけです。

ここまでの段階で中心的な役割を担うのが、
ゲームデザイナーや、ゲームプランナーと呼ばれる職種の人たちで、
ゲーム業界では企画屋さんと呼ばれたりすることもありますね。

そして、この企画段階で面白い作品になる!という見通しがたつと、
開発が次のステップへと進んでいくことになりますが、今回はここまで。

 

企画書
企画書の例


いかがだったでしょうか?
“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ壱~。
今回は企画段階のお話をさせて頂きました。

次回の私の更新では、“ゲーム開発のオシゴト”~入門編・其ノ弐~を
お送りさせて頂きますので、楽しみにお待ちくださいませ。

現在も週刊少年ジャンプや月刊Vジャンプを中心に、続々と新情報が公開されている
「NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2」ですが、
これからも本ブログページではゲーム情報とは少し違った角度から、
ゲームに関する紹介ができればと思っていますので、皆様よろしくお願いいたします!


それでは!!
今週もアクセル超全開!! ひゃっほーーー!!!!


ストーム2でもアクセル超全開!!

ひゃっほーーー!!! 皆様はじめまして!!

福岡は博多の空の下、今日も今日とてゲーム制作!!
サイバーコネクトツーで制作ディレクターを行っております、センコウシです!

私はこれまで、PS2やPSPで展開されてきた、
「ナルティメットヒーロー」シリーズや、
「ナルティメットアクセル」シリーズを担当させていただいておりましたが、
今回はPS3とXbox360という2種類のハードウェアで展開される、
「ストーム2」の開発チームに参加させていただいております!!

どうぞ皆様、以後お見知りおきを!!!

今回はこの開発ブロクに初登場となりますので、
簡単に自己紹介のみとさせていただきましたが、
折角ゲーム開発の現場から直送でお届けさせていただきますので、
次回からは、皆さんが気になる“ゲーム開発のオシゴト”ゲームデザイナー編をお届けしちゃいます!

これまでのシリーズでの様子なども織りまぜながら、
どうやって「ナルティメット」が作られていくのか?を、
皆様にご紹介出来ればと考えておりますので、
是非ともお楽しみにお待ちくださいませ!!

それでは!!
ストーム2でもアクセル超全開!! ひゃっほーーー!!!!


スタッフ


RSS