怪獣バスターズ パワード 怪バス研究員ブログ

ついに発売!

ついに本日、怪獣バスターズ パワードが発売致しました!

ぜひ手にとって、楽しんでいただければ幸いです。

これまでもいろいろとお伝えしていましたが、
今回は前作をプレイしていただいた方々の意見を踏まえて、
より快適に遊んでもらえるようにしています。

前作を遊んだ方も、遊んでいない方も
きっと満足していただける出来になっていると思います!

たとえば装備画面やメニュー画面。
見やすくわかりやすくなりました!

もちろん新怪獣も増えています!
ストーリーも新しくなりました!
新要素のパワードバギーも乗ってもらいたい!

こまかいところから、大きなところまで、
こだわりがいっぱい詰まっています。
もっといろいろお伝えしたい!
ぜひプレイしてもらいたい!

体験版もありますので、
どうしようか迷っている方は
一度プレイしてみてください!
特に前作未プレイの方は、怪獣バスターズってどんなの?
というのがつかめると思いますのでオススメです!
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/kaijyu_busters/trial.html


怪獣バスターズ パワード 本日発売です!
どうも、サイドマンです。

本日は怪バスPに登場する新しいキャラクターについて紹介をしますよ!

一人目は、「ラルバ」
ストーリー中に突如主人公たちの部隊に入隊する。
謎多きペダン星人です。
頭脳明晰で、優れた戦闘能力を持った彼はエリート隊員と呼ばれています!

しかし、自分より能力がないと地球人を見下しているようで、
S4のクルーや主人公にイヤミを言ったりする場面も…

噂によると怪バスPのストーリーは「ラルバ」を中心に動くとか!
うーむ謎が謎をよぶ新キャラクターですね!
 

二人目は江戸っ子口調の整備士「サワキ」です。

今作の目玉でもある、パワードバギーを整備するために
S4に派遣されるそうです。
パワードバギーを利用する場合は彼のお世話になりますよ!
ちょっと口うるさい所もあるけど、整備の腕は確かです!


三人目は、凶悪宇宙人ザラブ星人。

ある目的のためにS4に近づくのですが…その目的とは…
おっとこれ以上は!

三人とも本編ではどういうふうに活躍してくれるのでしょうか?
本編にご期待ください!
どうも。うどん大佐です。
ついに今週発売ですねー。いやはや。

今回はストーリーについて話していきたいと思います。

開発当初は、前作の流れをそのままに
新怪獣や新キャラを絡めた別のエピソードを見せれたらいいね。
という話をしていたはずなんですが

いざ作り始めると…
 
「前作とは演出を変えたいよね。」

「こんなイベントもあるとうれしいかも?」

「もっとココ印象に残るようにしたいッス!」

「やっぱりストーリー全体に変化がないと。。。」
 
とスタッフ中から様々な意見が飛び交い、
その結果、新たな黒幕やライバルなどを中心にした
全く別のストーリーが出来上がりました!
 
前作のストーリーに関しては、面影が残っているかな…
程度のものに…
 
スタッフの頑張りで、前作をやったプレイヤーも
全く違う感覚でプレイできるのではないかと思います!
 
アツいシーン、ウルトラマンのファンがニヤリとするシーンもアリ!
もちろん、今作がはじめての人も、ウルトラマンをあまり知らない人も
原作や前作を知らないと分からないような
ストーリーではありませんので、十分楽しんでいただけますよー!
 
怪獣やマップだけでなく、今回はストーリーも
楽しみにしていてくださいね。
 
ではでは、今日はこの辺でー
どうもどうも、研究員のTHE KEYです。

いよいよ「パワード」も発売間近です。

今作ではひとりでマルチミッションがプレイできたり、
カスタムレベルの上限が上がったりと
いろいろ制限を取っ払ったぶんだけ
やりごたえがアップしていると思います。
 
まぁ要素が増えた分だけチェックの項目が増えるわけで、
全怪獣をひたすらフリーズロックしたり、
理論上最大の防御力をたたき出す防具でダメージ量をはかったり
ロボフォーやアントラーの掴み技を何回もいろんな場所で食らったり…
…まぁ、いろいろと確認していました。
 
とはいえ、私としても
制作していて前作以上の手ごたえを感じています。
前作をプレイした方も、そうでない方も
ぜひ楽しんでいただければと思います!
 
ではでは、ごきげんよう。

王の角

おはよう、こんにちわ、そしてこんばんわ。

S4のみなさんに突撃取材するカミジョーです。
怪獣バスターズパワードの新たなる情報を報告するよー!

パワードになって新たに登場する怪獣の紹介だ!

今回は、帰ってきたウルトラマンに登場した
古代怪獣キングザウルス三世!
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/kaijyu_busters/zukan-new03.html

 
キングザウルス三世の特徴は、頭に生えた2本の角。
この角を突き立て突進してきたり、波状光線を出したりと
多くの攻撃に使われる他、バリア発生源にもなっているようです。
 
う~ん…この角を何とかできれば攻略の糸口になるかも…
 
以上、現場からでした―!
 
どうも!うどん大佐です!


今回は、メニュー操作に関して話していきたいと思います。
前作では、メニュー操作に関して
操作がわずらわしい、分かりにくい部分が
多々残ってしまいました・・・。
 
その結果、怪獣やマップがプラス要望の1位だったのに対して、
メニューの操作が、改善要望の1位という形に…。

叱咤、激励の声、ありがとうございます。

この結果を受けて、今作ではメニュー操作改善に本腰を入れ、
アンケート結果や開発スタッフ、社内スタッフ、
ネット上の意見など、多方面からの改善要望を集めて
こーすればあーすればと1つ1つ議論を行い、
実現できる限りの調整を行いました!

テーマは「わかりやすく、サクサク動く!」

とくにお気に入りは、フィールドサーチの速度アップです!
1タッチでサーチできるようになったほか、
資源が取れるまでの時間も短縮しましたので、サクサクと資源採取が可能です!

他にも、大きいところから細かいところまで
かなりの箇所の調整を行いましたので、
きっとわかりやすく、サクサクと動かせると思います!

ではでは、今日はこの辺でー
どうもどうも、研究員のTHE KEYです。

あけましておめでとうございます。
本年も怪獣バスターズ パワードをよろしくお願いいたします。

さて、少し間が開いてしまいましたが、
今日は"試練"について。

「パワード」において“試練”という要素が追加されましたが、
研究員関連の試練も用意しております。

どれもこれもクセのあるミッションばかりですが、
クリアすれば我々の研究活動がかなりラクになります。
新たな研究テーマが開放されたり、
すべての研究費用が安くなったり…などなどです。
試練クリアのごほうびはどれもかなり良いものがそろってるので、
苦労に見合った価値はあると思います。

あ、ちなみに前作でお世話になった異星人の先生方も
“試練”ミッションで仲間になるかどうかを決めるそうです。

なんとも面倒くさ…ゴホンゴホン、厳しい方たちばかりですね。
愛のムチとして受け取りましょう。
年の瀬ですねー。サイドマンです。

今日は新しい惑星「ピリカ」をレポートしたいと思います。
 
「ピリカ」はジャングル惑星と呼ばれている
ぬかるんだ沼地です。

この上を移動すると、足をとられて移動スピードが落ちてしまい、
怪獣からの攻撃が避けづらくなってしまいますよ!
 
もう一つの特徴はたくさんの木々です。
いや~ジャングルの惑星と言うだけあって、
マップの全体を覆っています。
 
この木々の中にプレイヤーが入る事はできませんが、
怪獣は進入することができるんです!
見えない場所から思わぬ不意打ちを受けてしまうかも・・・!
怪獣と自分の位置を把握して戦わないと、苦戦する事必至でしょう!
 
う~む。
怪獣とジャングルで戦うって大変な事なんですね。

以上、ピリカのレポートでした~。
どうも、うどん大佐です。

今回はプレイヤーの武器アクションに関しての話を。

今作を作るにあたって、アクションを変更するかどうか
悩みに悩みましたが、
前作のアクションをほぼそのまま引き継ぐ形にしました。
なので、前作からのプレイヤーは
そのままの感覚でプレイすることができますよー!
 
え? なんも変わらない?
…そう思った人、多いですよね?
いえいえ、そんなことはないですよ!
今回は変更ではなく「追加」しちゃいました!

その名も「EXアクション」!
 
前作の武器アクションがわりと気に入っていただけに
アクションを変えてしまうのはもったいない!
とはいえ、新アクションがないのも続編としてどうか…
そんなジレンマと戦いました。
 
その結果…ふと思ったんです。

「どっちも入れればいいじゃん!」
(苦労したプログラマーさん、ごめんなさい)
 
今までのアクションはそのままに
あるMA(メテオールアーツ)を装備すると
新アクションに変わる、という仕組みです。
 
なので、全9種の武器アクションに加えて、
9種の新たな武器アクションが増えたといっても過言ではありません。
武器アクションが全18種! 大ボリュームです!
 
新アクションには、今までにない色々な操作、仕掛けを用意しています。
同じ武器でも戦い方が変わりますので
ぜひ見つけて楽しんでくださいー!
 
ではでは、今日はこの辺でー
どうもどうも、研究員のTHE KEYです。

今回は開発についてお話しさせていただきます。
 
前作で武器や防具は最大レベル6までしかカスタムできなかったのですが、
「パワード」においてはレベル10まで強化できるようになってます。

実質、前作以上にマーベラスな装備品を作れたりします。
これならば前作苦労した憎いあんちくしょうもボッコボコにできる…かもしれません。

とはいえ、今作ではひとりでマルチプレイミッションに挑戦できるので
そっちの方では、逆にこちらがボッコボコに…

ま、まぁ、最終的にはあなたの腕次第、ということです。