本文へジャンプ

HOMEゲーム紹介MS図鑑キャラ図鑑ムービー
ガンダム〜  ガンダムF91〜  ガンダムSEED


SDガンダム GジェネレーションSEED
■MS図鑑
■最新SEEDモビルスーツも多数参戦!!

フリーダム(ミーティアドッキングモード)

ZGMF-X用アームド・モジュール。
フリーダムとその専用運用艦のエターナルに搭載されているミーティアが合体した状態。フリーダムの性能を強化パーツ装備によって向上させている。ミーティアに装備されている、高出力のビーム砲や多数のミサイルも使用できるため、大幅な火力の増強につながり、防御力も向上した。また大出力のスラスターの総推力により、巨体の割に高い機動性を持ち、装備されている大型ビーム・ソードは戦艦を真っ二つにする程の威力を誇る。全武装を発射した時の破壊力は、戦艦の一斉射撃と同程度かそれ以上で、劇中でも圧倒的な攻撃力を見せつけた。尚、ミーティアは、「Mobilesuit Embedded Tactical EnfORcer」の頭文字から取った名前で、「流星・隕石」の意。パイロットはキラ・ヤマト。
ジャスティスガンダム

ザフト軍の汎用試作型MS。
奪取したGAT-Xシリーズの基本コンセプトにザフト軍で培われた技術が投入されて開発されたMSである。本機の最大の特徴として「Nジャマー・キャンセラー」を装備し、Nジャマーの影響を受けずに核エンジン駆動を実現したことにある。本機はPS装甲を装備しているが、動力源をバッテリーから核エンジンにしたことにより、事実上フェイズシフトダウンは発生しない。PS装甲を展開したままで、ほぼ無限に稼動できるようになり、PS装甲同様に電力消費の激しい、ビーム兵器の連続使用も可能となった。また、本機の背部のリフター部「ファトゥム-00」は、展開して飛行形態に、さらに分離してサブフライトシステムとしても活用可能であり、フリーダムガンダムに勝るとも劣らない高い機動性を実現している。戦争を終わらせる為、キラと共に戦う事を決意しアスランは本機に搭乗し目覚しい活躍をしている。ジェネシスを巡る最終決戦では、ジェネシスの発射を阻止すべくジェネシスの炉心部に突入、本機を自爆させて発射の阻止に成功している。尚、「ジャスティス」は「正義」の意。

ソードストライクガンダム

地球連合軍の装備換装型万能MS。
ストライクにソードストライカーパックを装備したもの。近接格闘戦を重視した機体で、艦隊やMS部隊に突撃し、乱戦のなかでの戦闘を想定している為、装備も全て近接格闘戦用である。主装備である15.78mの巨大な対艦刀「シュベルトゲーベル」は文字通り対艦用のものであり、MS程度なら一瞬で両断してしまう程の威力がある。またビームを発生させていない時でも、実体剣として高い攻撃力を誇り、柄の部分からはレーザーを放つことも可能とされている。しかし、外部造形のみで内部機構は省略されており、現状で発射は出来ない状態である。その他にも、独特の軌道で飛び相手の不意をついて攻撃する、ビーム・ブーメラン「マイダスメッサー」や、相手の動きを封じシールドも兼ねている、ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」など近接格闘戦に特化したユニークな武装を装備している。主なパイロットはキラ・ヤマト。
ストライクルージュ

オーブ軍の装備換装型万能MS。
ストライク建造時のデータを活かして、イージスとの戦闘で大破したストライクを回収し修復した際に製造された予備パーツの一式を組み立てて生み出された機体である。パーツの状態でクサナギに搭載、宇宙に上がった際に組み立てられ、カガリの愛機となった。基本性能はストライクと同様だが、パワーエクステンダーを内蔵するよう改良されており、その為、フェイズシフト装甲の運用時間が従来より延長されている。また、装甲が赤みがかった色なのは、フェイズシフト装甲の特性面も改良されている為。ジェネシスを巡る最終決戦では、ジェネシス発射阻止の為に、ジャスティスと共に炉心部に突入、ジャスティスの自爆装置を作動させた直後にアスランを本機に乗せて脱出するも、ジェネシスの爆発に巻き込まれて大破している。

プロヴィデンスガンダム
ザフト軍の汎用試作型MS。
本機は先に開発されたジャスティスやフリーダム同様に「Nジャマー・キャンセラー」及びPS装甲を搭載するザフトの最新鋭機である。本機の最大の特徴は「ドラグーン・システム」と呼ばれる遠隔攻撃端末を装備し、量子通信による無線誘導で誘導兵器「ドラグーン」を自在に操り、攻防一体のオールレンジ攻撃を行う事ができる点である。「ドラグーン・システム」は計43門ものビーム砲から成り立っており、このオールレンジ攻撃によるビーム砲の雨から逃れることは、不可能に近い。しかし、このシステムの使用には空間認識力が特別に優れたパイロットが必要であった為、ザフト軍は、本機をラウ専用機とすることで問題を解決した。その為か頭部に彼のマスクに似た装飾が施されている。また、「ドラグーン」を搭載しているバックパックには大出力のスラスターが内蔵され、「ドラグーン」を装備するにあたって予想された重量の増加に伴う機動性の低下をカバーし、外観とは裏腹に機動性はかなり高い。充実した各種武装や機体スペックの高さなどから、ジャスティス及びフリーダムを上回る戦闘力を有しており、まさに本機は最強最後のGに相応しい機体と言える。ジェネシスを巡る最終決戦で、本機はムウの操るストライクを圧倒的な強さで大破させた。その後、バスターも大破させ、キラのフリーダムをも追い詰めるが、死闘の末に撃破された。尚、プロヴィデンスは「神の意志」の意。

アストレイ・レッドフレーム

オーブ連合首長国の汎用試作型MS。
ジャンク屋を営むロウ・ギュールがヘリオポリス崩壊後の宙域で発見した2機のアストレイの内の1機。フレームが赤く塗装されていた為、ロウにより「レッドフレーム」と名付けられ、それ以来ロウの愛機となる。ナチュラルであるロウにとって、本来MSの操縦は非常に困難なものなのだが、搭載されていたナチュラル対応のOSとロウ自身の天性的な勘の良さ、さらに擬似人格を持つと思われる携帯コンピュータ「8(ハチ)」のサポートによって何の問題もなく操縦した。戦闘のプロでないロウは、敵に襲われる度に、ビーム兵器で対応していたが、その電力消費によって深刻な危機に陥ることも多かった為、デブリ帯の衛星「グレイブヤード」に眠っていたMS用の実剣「ガーべラ・ストレート」を入手し、以後「レッドフレーム」の基本装備として帯剣した。その為、ロウは「レッドフレーム」に剣術家の動きを再現するOSなど格闘戦用の様々なプログラムを組み込んでいる。
アストレイ・ブルーフレーム

オーブ連合首長国の汎用試作型MS。
フリーランスの傭兵部隊「サーペントテール」のリーダー、ガイ・ムラクモの搭乗機。当初はオーブ穏健派からこの機体およびその発見者の抹殺を依頼されたが、依頼主の裏切りにより自身も「発見者」として扱われたことで、反攻。その場に居合わせたジャンク屋のロウからこの「ブルーフレーム」を譲り受ける。コーディネイターであるガイは、それまでは作戦に応じて機体を乗り換えていたが、「ブルーフレーム」を入手してからは、これを愛機として様々なミッションをこなしている。「ブルーフレーム」にはアストレイ専用の様々なオプション装備のデータが移植されており、作戦によってはそれを製作して使用する。「ブルーフレーム」のOSにはそれらオプション装備の火器管制を効率よく行うための最適化がガイ自身の手で行われている。

←前のページへ  

↑

HOME  /  ゲーム紹介  |  MS図鑑  |  キャラ図鑑  |  ムービー
ページの一番上へ

(c)創通エージェンシー・サンライズ (c)創通エージェンシー・サンライズ・毎日放送 (c)BANDAI 2004