ライダーゲーム開発ブログ | バンダイナムコゲームス公式サイト

公式サイトへ
こんにちわ、開発スタッフサカイクサです。
 
本日、HP上でバトライド・ウォーの最新情報が更新されました。

そんな中、当ブログでは早速、今回の更新よりバトライド・ウォーのアフレコ風景をレポートして参りますので、どうかよろしくおつきあい頂ければと思います。
 
さて、記念すべき第1弾の今回は、「仮面ライダー ディケイド」よりスーパーアポロガイスト役でご出演頂きました川原和久さんのアフレコ風景をレポートします。
 
前回の更新でもお伝えしましたとおり、バトライド・ウォーでは皆様にゲーム中で沸き起こるさまざまなドラマをより楽しんで頂くため、仮面ライダーだけではなく、ライダーの行く手に立ち塞がる敵怪人に関しても、TV放映当時、実際に声を当てて頂いた方々に多数ご協力を頂き、「TVに登場したセリフ」はもちろんのこと、「ゲームオリジナルのセリフ」も数多く収録させて頂きました。
 
そんな中で、今回ご紹介させて頂く川原さんといえば、現在さまざまな舞台やTVドラマ、映画で活躍されていらっしゃるため、その印象は人それぞれ異なるかと思います。
 
しかしながら、多くのライダーファンにとっては、その強烈な個性と行動でディケイドを苦しめた大ショッカーの大幹部としての印象が強く記憶に残っているのではないでしょうか。

 

 bw_apolo01
今回ご紹介させて頂く川原さん。
若干あの刑事役を彷彿とさせる、ダンディなジャケットスタイルが素敵ですね。


アフレコでは、放映当時から久々にスーパーアポロガイストを演じられたとおっしゃっていた川原さん。
 
そのため、スーパーアポロガイスト特有の「○○なのだ!」、「○○となるのだ!」といった個性的なセリフ回しに、序盤は当時を反芻しながら、丁寧にテイクを重ねておりました。
 
しかしながらアフレコが進むにつれ、当時のイメージを取り戻されたのか、あのスーパーアポロガイストの口調がどんどん蘇っていき、ラストはもちろん「私は全人類にとって、とても迷惑な存在なのだ。」の名セリフを完璧に再現。スタッフ一同がスーパーアポロガイストの存在をリアルに感じた瞬間でした。

 bw_apolo
 
その再現度は、ぜひ実際にゲームをプレイして体感して頂ければと思います。
 
 
川原さん、お忙しい中アフレコにご協力頂き、ありがとうございました!
 
それでは皆様、次回の更新をお見逃しなく!
 
TOP